運輸安全マネジメント

平成31年4月1日
株式会社色麻観光

運輸安全マネジメントへの取り組みについて

株式会社色麻観光は、輸送の安全を確保することが最も重要であることを自覚し、以下のとおり全社員が一丸となって、絶えず輸送の安全性の向上に取り組んでまいります。

  1. 輸送の安全に関する基本的な方針
    当社は、輸送の安全について次のとおり基本的な方針を定め、全社員に周知させます。

    • 経営者は、輸送の安全の確保が最重要であることを社員に認識させる。
      社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場に於ける安全に関する声には真摯に耳を傾ける等、現業部門の状況を十分踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
    • 輸送の安全に関する法令を遵守し、安全を第一とする。
      輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守いたします。
    • 輸送の安全に関する情報を社内で共有する。
      輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。
  2. 輸送の安全に関する目標及び目標の達成状況
    • 事故0件を目標としてまいりました。平成30年度は事故は発生しませんでした。
  3. 事故に関する統計(自動車事故報告規則第2条の規程によって届け出義務のある事故)
    1. (1)平成30年度 加害事故0件
    2. (2)平成30年度 被害事故0件
  4. 安全管理規程
    1. 当社の安全管理規程は別紙の通りです。
  5. 輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置
    1. (1) 平成30年度に講じた措置
      ASV(先進安全自動車)を導入(3両)
      衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報装置
    2. (2) 平成30年度に講じようとする措置
      重大事故や事件等への対応訓練実施
  6. 輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況
    1. (1) ドライブレコーダーの映像を活用した乗務員教育を実施
      参加者10名
    2. (2) バスジャックに対応する訓練を実施予定
  7. 輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置
    1. [実施期間]
      平成30年4月1日~平成31年3月31日
    2. [実施対象]
      社長・安全統括管理者
      本社営業所
    3. [実施結果]
      輸送の安全に関する内部監査を実施した結果、点呼記録簿・運行指示書などの運行帳票類をはじめ車両の管理・法定点検の実施状況、また事故・クレーム後の面談指導など関連法令、規定の遵守及び運輸安全マネジメントの趣旨を十分理解し、概ね不備がなく安全管理体制に取り組んでいることが確認できました。
  8. 安全統括管理者に係る情報
    井上 康
このページのトップへ